Javaで実装したユーザ登録システム

事例のご紹介 (2000年)

案件 Javaで実装したユーザ登録システム
オーナー ソフトウェア会社 日本法人
対象業務 サポートユーザ登録システム
システム構成 サーバOS:Windows NT
Webサーバ:Internet Information Server
DB:Oracle for Windows NT,Microsoft SQL Server
ミドルウェア:SequeLink Java Edition
Java VM:JRun
開発ツール JDK

システム概念図

製品を購入したユーザをサポート対象者として登録するシステム. Oracleに入ってる製品情報と照合してから, サポートシステムであるPVCS TrackerのDB(SQL Server)に登録する. 一人のユーザに対して複数の製品を登録,なんて機能もある.

最初は,Applet – Servlet通信で実装しようと試みた. 出来上がってみると文字列送信がうまくできていない. さらにブラウザによってはダイアログボックスをうまくコントロールできない, などの問題が判明.文字列を扱うコツは,ストリームに対して長さを与えること, JDBCに日本語コード変換を指定すること,であった.JavaはUNICODE. 勉強になりました.

最終的には,ダイアログボックスの制御の問題を解消するために, Servlet – HTMLの構成で実装し,ブラウザ側はすべてHTML表示にした. Appletではブラウザによる動きの違いを制御できなかったということです. ユーザインタフェースの自由度はなくなったが,起動や実行の速度はアップした.

Javaの生産性?悪くはないけど,クライアント側はVMやブラウザがいっぱいで, 手間かかりますね.