コンピュータソフトウェア設計・開発・販売・コンサルティング

4Dアプリ開発ガイド

4Dでデータベース・アプリケーションを作るための学習教材

4D_book4Dアプリ開発ガイドは、イベントドリブンなアプリケーション開発に必要なノウハウを解説しています。4D アプリは、Windows でもMac OS X でも動作し、プログラムを変更することなく、スタンドアロンでもサーバでも動作させることができます。このようなメリットのある開発環境について、当社が実務を通して蓄積してきた開発方法を新人や学生の方々に身につけていただこうと考え、制作しました。

内容
・バインダー綴じA4 149ページの書籍
・本文PDFに加え、以下のファイルを含むCD
サンプルソースコード(SampleDB完成品/章ごとの途中経過)
JCL4D(Jirokichi Common Library for 4D)

本書には、現時点で当社が考える「コマーシャルレベルの4D アプリを効率よく開発する方法」をまとめてあります。さらに、誰が作っても内部的に一定の品質を確保できるように、コーディング方法についてのガイドラインである「コーディング規約」を添付しましたので参考にしてください。

本書で解説する4Dの機能

  • メニューやフォームの基本的な作り方、プリントやデータ書き出しを理解できます。
  • リストボックスを使ったイベントドリブン型アプリケーションの実装を学べます。
  • マルチウィンドウ、マルチプロセスのアプリケーションを作れるようになります。実行イメージ2

本書に収録されているサンプル

本書では、サンプルとしてSampleDB という4D アプリケーションを作成します。このサンプルには以下の機能が含まれています。

  1. ログイン(ログイン画面を自作します)
  2. メイン画面(正常にログインした後に表示されるフォームです)
  3. ログインユーザ一覧(ログイン可能なユーザを一覧表示します)
  4. ログインユーザ入力(ユーザを追加・編集・削除)
  5. 一覧印刷(ログインユーザ一覧を印刷します)
  6. 書き出し(ログインユーザ一覧を外部テキストファイルに書き出します)

このような機能は、4D アプリケーション開発の際によく使われます。このガイドに学べば、内部的な実装方法を再利用できるだけでなく、ここで作成するサンプルの機能をそのままプロジェクトのベースとして利用することができます。

動作環境

OSは4D v15 SQLの動作環境に準じる(開発/実行とも)
4D v15 SQL
JCL4Dコンポーネント(当社サイトからダウンロード)

価格:4,000円(税別)

お求めはこちらからJiroShop

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社 治郎吉商店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.