コンピュータソフトウェア設計・開発・販売・コンサルティング

4Dアプリ開発ガイド

4Dでデータベース・アプリケーションを作るための学習教材

4D_book

4Dアプリ開発ガイドは、アプリケーション開発環境「4D」の解説書です。イベントドリブンなアプリケーション開発に必要なノウハウを解説しています。上手に作られた4Dアプリは、WindowsでもmacOSでも動作し、プログラムを変更することなく、スタンドアロンでもクライアント/サーバ(C/S)でも動作させることができます。このようなメリットの多い開発環境を効率よく学べるように、ハンズオン形式の学習教材を制作しました。本書の手順に従って操作すれば、4Dアプリの実装パターンの基本を理解できるでしょう。v18対応版。

内容 ・A4 186ページの本文PDF、サンプルソースコード(SampleDB完成品/章ごとの途中経過)、JCL4D(Jirokichi Common Library for 4D、4Dコンポーネントで提供)

本書で解説する4Dの機能

次の機能について、4Dの画面を図示しながら実際の操作方法を解説しました。

  • データベース、テーブルとフィールドの作り方
  • フォーム、メソッド、スタイルシートの基本的な作り方
  • コンポーネントの使い方
  • プリントやデータ書き出しの方法
  • リストボックスを使ったイベントドリブン型アプリケーションの実装方法
  • マルチウィンドウ、マルチプロセスのアプリケーションの作り方

 

 

 

 

 

 

次のようなテクニックについても説明しました。

  • リレーショナルデータベースのデータ構造設計
  • 変数、メソッドのネーミング
  • リファクタリング、モジュール化
  • フォーム、メソッドの再利用
  • 4Dのデバッガ、ログ出力などのデバッグ方法

本書に収録されているサンプル

本書では、サンプルとしてSampleDB という4D アプリケーションを作成します。このサンプルには以下の機能が含まれています。

  1. スタートアップメソッドでログイン画面を表示(ログイン画面を自作)
  2. メイン画面(正常にログインした後に表示されるフォーム)にボタンを配置
  3. ログインユーザ一覧フォーム(配列型リストボックス、イベントハンドラ)
  4. ログインユーザ入力フォーム(追加・編集・削除)
  5. 一覧印刷
  6. 一覧を書き出し(外部テキストファイルに書き出す)
  7. ログインユーザの入力フォームにログイン履歴を表示(リレーショナルデータ表示)

本書の手順に従って操作するだけで、これらの機能を持ったアプリの実装方法を知ることができます。出来上がったサンプルはそのままプロジェクトのベースとしてお使いください。

動作環境

4D v18の動作環境に準じる(開発/実行とも)

価格:5,000円(税別)

お求めはこちらからJiroShop  

PAGETOP
Copyright © 株式会社 治郎吉商店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.