図面ファイル管理の常識をスマートに変える、Vectorworksユーザ必携の図面管理データベースシステム

操作画面

VWbase」はVectorworksと連携して図面からサムネイル画像と文字列を抽出しながら図面データベースを作成します。

図面文字列を対象に全文検索、分類による絞り込み、並び替えなどの機能があります。

ダウンロード

以下のリンクからお試し版をダウンロードできます。お試し版は10件まで登録できます。

主な特長

  • 一覧画面で図面のサムネイルを表示
  • 図面の文字列も全文検索
  • 図面登録を簡単にするスマートインポート
  • 分類機能を使って図面整理を簡単にカテゴライズ

一覧画面で図面のサムネイルを表示

図面ファイルをエントリーリストにドラッグすると、サムネイルが生成されます。

図面の文字列も全文検索

図面にあるテキスト「VWbase」を検索します。

図面登録を簡単にするスマートインポート

次のようなフォルダ構成をインポートします。

選択したフォルダ以下にあるすべてのファイルをインポートします。

分類機能「JIROカテゴリー」を使って図面整理を簡単にカテゴライズ

ここではJIROカテゴリーに「分類3」に「資料」を追加します。「分類3」の欄を選択して[+]ボタンをクリックします。

「分類3」に追加した「資料」が表示されました。この分類による絞り込みをするには、それぞれのエントリー情報の詳細で「資料」選択しておく必要があります。

分類3の「資料」を選択すると、エントリーリストが絞り込まれます。

データファイル変更

VWbase を起動すると前回のデータファイルが自動で開きます。別のデータファイルに変更する場合は、[]→[データファイル変更]からデータファイルを変更できます。
別のユーザが作ったデータファイルを開く場合は、自身のVWbaseライセンスキー入力が必要です。自身のライセンスキーを入力すると、データファイルには複数のライセンスキーが登録されます。複数ライセンスキーが登録されたデータファイルは、ライセンス登録済のユーザは次回以降ライセンスキー入力しなくても開けるようになります。

データファイルを共有する

複数のユーザでひとつのデータファイルを共有するには、データファイルにお互いのVWbaseライセンスキーを登録しておく必要があります。

OS 標準機能でファイル共有した場合は、複数ユーザで同時に開くことはできません。同時に開くとアラートが表示され、起動が中断されます。次の人が開く場合は、前の人の終了を待ってから開いてください。
Dropbox でファイル共有した場合は、複数ユーザで同時に開くことはできません。同時に開くと競合の問題が起こります。次の人が開く場合は、前の人の終了を待ってから開いてください。

購入

ご購入については、エーアンドエー株式会社(https://www.aanda.co.jp/)までお問い合わせください。

本製品は1台のパソコンにインストールしてご利用いただく製品です。

ダウンロード

以下のリンクからお試し版をダウンロードできます。お試し版は10件まで登録できます。

機能紹介動画

紹介1

 

紹介2

 

操作マニュアル動画

1 ダウンロード

 

2 インストール

 

3 起動前の準備

 

4 起動

 

5 データ取り込み